診療案内

整形外科

整形外科は、骨・関節・筋肉・末梢神経を対象に全身の運動器疾患を診療します。日々の活動性を強く障害しうる運動器の痛みや変形に対し、最適な治療を提供いたします。
にしだ整形外科

診察する病名

■関節リウマチ
■変形性関節症
■腰痛症
■骨粗鬆症
■肩関節周囲炎
■フレイル
■サルコペニア
■外傷、骨折 など
来院される方の主な症状
□肩が痛い
□首が痛い
□腰が痛い
□手や肘が痛い
□股関節、足が痛い
□膝が痛い
□関節がこわばる
□膝に水がたまる
□歩くのがきつい
□疲れやすい
□体重が減ってきた

関節リウマチ

関節リウマチは免疫の異常により、関節の腫れ痛みとして発症します。適切な治療がなされなければ関節や軟骨の破壊が進行し、痛みのみならず関節の不可逆的な変形をきたしてしまう疾患です。近年、生物学的製剤などの新薬の登場により関節や軟骨の破壊を劇的に抑制できることが示されてきています。
当院では、この生物学的製剤を含む適切な薬剤治療をご提供し、患者様の関節の痛みを改善し将来的な関節の変形を予防することを目標に診療を行ってまいります。

このような症状はありませんか?

□左右対称に手足の指の関節が腫れる
□手の指や手首が痛む
□起床時に関節がこわばる
□指などに違和感がある
□股関節や膝が動きにくい
□首の背骨が痛む
□貧血や微熱で常にだるい

リハビリテーション

リハビリスタッフが、お一人お一人の症状に合わせて、運動療法と物理療法を中心としたリハビリメニューをご提案いたします。当院では、さまざまなリハビリ機器を導入し、痛みやしびれなどの症状改善を目指すとともに、皆さまが運動習慣を身につけ、健康的に生活できるようサポートいたします。

骨粗しょう症

骨粗しょう症は、初期症状がほとんどないので気付きにくく、骨折して初めて自分が骨粗しょう症だと気付く場合もあります。骨粗しょう症が進行していると、軽い転倒でも骨折してしまうこともあります。特に高齢者の方の腰と股関節の骨折は深刻な骨折のひとつで、寝たきりに結びつき、要介護状態になったりと、QOL(生活の質)を大きく低下させてしまいます。そうなってしまう前に、早めの定期的な検査と予防がとても重要です。
当院では、骨密度測定器を導入し検査も行っていますので、気になる方はお早めにご相談ください。

MRIについて

整形外科疾患にはMRI検査が必要となることがあります。MRI検査が必要な方には、隣接するいしつか脳神経クリニックへ検査を依頼し、いしつか脳神経クリニックでの診察や支払いは必要なく、検査代金は当院にてまとめてお支払いいただくことができ、スムーズに検査ができるような体制をとらせていただいております。
また、いしつか脳神経クリニックでは、高性能の1.5テスラ超伝導MRIを採用しているため、精細な撮像ができ、正確な診断を行うことができます。
MRIについて